2019年3月11日 (月)

8年

あの日から8年。 8年も経つと、感覚が薄れてしまうから、そして、忘れないようにしたいから、当時聞いた、命がけの体験談を、時々思い出してみる。 親戚のタくんは、石巻の港で船の荷物の管理の仕事をしていて、あの日、強烈に長い揺れの後、津波が来るのが見えたので、高い建物の最上階に駆け上が李、 とたんに、周囲は全て流され、そのまま2日間、その建物の中で冷えたまま過ごし、波が引いたところで、滅茶苦茶な街の中を、あちこちに、引っかかって亡くなっている人たちの間を、16キロ歩いて、自宅にたどり着いた。 目に焼き付いた悲惨な光景が、しばらくの間、染み付いていて、夜寝ていても叫んだり走り出したりしてたらしい。 

平成は、まさに災害の時代で、でも次の時代は、それらがもっと大きな形で襲ってくると言われている。 だから、大きな犠牲や教訓を、決して無駄にしないようにしなくては、と思う。 

|

2019年3月 2日 (土)

12272019nuidemicca

3月、どちらかというと、別れの季節だな。 4月は、出会い。 自分は 春が好きだけど、春がイヤな人もいる。 人間は、おもろーい。 aruku3月号が、配布となっております。 今回は、仙台をご案内するページも。 なくならないうちに、ごっそり取って来てください。 花粉だけだなぁぁぁ、、春に、憂鬱なのは。

12272019kowai

|

2019年1月22日 (火)

11222019sikaku

aruku3月号のイラストを、鋭意制作中。 細ぉ〜いペンで、カリカリカリカリ。

11222019sikaku2

|

2019年1月15日 (火)

あかとりー

11152019akatorii2     

須賀川の市街地のまん中に、そびえ立った総合施設、tette(てって)が、ついにオープンしたと。 これからの須賀川のアレになるわけだなぁぁ楽しみだな。 昔々、自分が10歳位くらいまでかなぁ、そこには、須賀川のランドマーク的なデパートがあって、郡山で言うと、うすいデパートみたいなもので、その名は「赤トリイ」。 不思議な名前で、でも当時はすんなり何んんんにも考えずに馴染んでたんだけど、大人になって知ったのは、須賀川は県内有数の神社や祠が多い街として知られており、それを象徴する名であった(おそらく)。 赤い鳥居。 初期のマークも、鳥居がモチーフだったよ。 3階がおもちゃ売場で、エスカレーターを走って降りたら、レジのおばちゃんに起こられたっけ。 いつもいた、厳しいおばちゃん。 写真は、記憶だと、2代目赤トリイ。1代目は、3階建ての、窓の無い、全体が真っ赤なデパートだったやに記憶してるけど。

youtubeに、赤トリイのCMがっ  →    
さ、ささ、さびしーよぉぉぉおおあ〜
11152019akatoriicm_2
11152019akatorii_2

|

2019年1月12日 (土)

arukuの平成31年1月号

11122019a1

えー、とっくに配布となっております、arukuの2019年1月号。 ロゴから表紙から中身から、全体リニューアルされました。 表紙にいるキャラは、まだ名前も決まってませんが、たびあるく、というページのキャラと、連動となっております。ウサギじゃないし、人じゃありません。 なんでもありません。 仮に、黄ちゃんクロちゃんにしとこ。 このキャラが、色々ほっつき歩きますので、よろしくお願いしまーす。

11122019a2

|

2019年1月 4日 (金)

賀正

新年、あけましておめでとうございます。
ことしもどうぞよろしくおねがいいたします。
1142019kagamimochi

いかがなお正月をお過ごしでしょうか。 

ぁぁぁ、さい先、ものすごい良いですね。 
そのムードのまま、行っちゃいましょうね。
今年の一発目なので、恥ずかしいんだけど、ややまじめな話を。
今は、世の中がすぐ変わってしまうから、先のことは考えずに行こうヨ、とゆう話しが、テレビでも、ネットでも、呑んでても、よーく出て来ます。 たしかにそうなのでしょう。  でも自分は、ちょっと違う考えを持っています。 先のことを、考えるんです。 計画も練るんです。 動くんです。 でもきっとその多くが、無駄になっちゃうんです。 しかし、また先を考え、計画を練るんです。 ビジョンを持つんです。 何度でも、繰り返すんです。 これからは、ますますそのタフさが、必要。 と、思うのです。 考えることをやめて、むこうからやって来る事だけでは、生きていけない。 そんな風に。
ぁぁぁ、恥ずかしかった。
みなさんに、たんくさんの美味しいことが、降りそそぐ一年でありますよーに。
平成31年のお正月
イチクミ

|

2018年12月31日 (月)

ことしも一年、ありがとうございました。

112312018oomisoka

大晦日、いかがお過ごしでしょうか。 ぁぁぁ、そうなんですね。 それもいいんじゃないですかー。 

さまざまなことを味わった平成がおわりますね。 自然の猛威、人が作り上げてしまった猛威、いろんな問題と闘った平成でもあったから、ほんとうの「豊かさ」を知っていく、大きなきっかけになった時代となったのも確かでありましょう。 みんな、本当に頑張った、平成でしたね。 楽しいことも、いっぱい味わったな。
今年も、たくさんの人に、支えられて来ました。 
心から、ありがとうございました。 
どんな時も、楽しくやれるのが一番ですね。
新しい年も、どうぞよろしくお願いします。
よいお年を、おむかえくださいね。
イチクミ

|

2018年12月24日 (月)

メリー

112242018xmas_2

ひえるなぁぁあぁぁ。 お届けものを届けに来てくれた業者さんのトラックが、ウチの前でエンスト、バッテリーがもはや駄目みたい。 夜なのに、もう何時間も困ってる模様。 ウチの車とつないで充電しますか、って申し出たけど、本部からもう1台トラックが来て、ようやくなんとかなった模様。 今日は、クリスマスイブ。 配達の兄ちゃん、仕事のあと、きっと大事な約束もあったろうになぁぁ。 おつかれさん。 

メリー、クリスマス。
112242018santa_2

|

2018年12月22日 (土)

あー、いいなこれ。 福島空港から、台湾直行便が運行されると。 こーれは、行くっきゃないかもしれない可能性が少なからず見え隠れせざるをえない傾向にあるのはイナめないな。 来春からかー。  台湾の親日さは、震災のとき、より強く伝わってっ来たよ。

|

2018年12月21日 (金)

arukuの、新年1月号のイラストをカリカリカリカリ描いております。 んんんしかし、10年とな。 短命なフリーマガジンの世界において、よーく続いて来たよ、ほんっっっとに。 

|

«aruku12月号