2018年11月13日 (火)

ケーばジょー

111132018kaiseizan1

へぇぇー、そうだったんだ。 そぉぉ言われると、そんな雰囲気あるか。サイズ感といい。 昔昔、開成山公園の池を囲むように、なんと競馬場があったと。 開成山競馬場、1956年廃止と。 その光景の写真が、今朝テレビで流れていた。 市民の娯楽として、盛り上がってたそう。 んんなんだか開成山っては、凄いなぁ。 1970年代まで、桜通りは、49号線とぶつかったところで終点、T字の交差点だったのも、今や信じられないよなぁぁ。。 今の新桜通りのあたりは、田んぼと住宅地だった模様。 自分は小さかったし、須賀川人なので、直に見てる訳ではないのだけど。 原町や会津にもあったらしく、競馬場。 これ探訪したらオモロいかも。

111132018kaiseizan2_2

|

2018年11月 8日 (木)

aruku11月号

11182018aruku1

さて、すでに配布の、aruku11月号は、須賀川の大特集となっております。 使える1冊ですので、無くならないうちに、両手でワシづかみで、なにふりかまわず、過去もぜんぶ捨てて、Getしてくださいね。 しかし面白くなってるなー、須賀川ったら。 自分のふるさとながら、知らぬことだらけっす。 

イラストは、細いペンで編み目を書いて、秋っぽげなモチーフに仕立てました。 どーなんですか、こーゆうの。

11182018aruku2

|

2018年10月24日 (水)

次は須賀川。

Kikitsune2

aruku11月号、須賀川特集の絵を、鋭意制作中。 ふーん。。 知らない須賀川がいっぱいあるだな。 須賀川に実家があって須賀川人なつもりなんだけど、ついてけぬヨ〜。 イラストのスタイルを、やっとこさっきデザイナーと相談して決まったので、じゃんじゃん描くのみ。 時間よ止まって。

Kkitsune

|

2018年10月23日 (火)

選挙だね

110232018raisama

こんどの日曜は、福島県知事選の、投票日であーる。 平和になればなるほど、世の中は政治に関心が無くなると言われて、バブルを迎えてた自分が20代前半のころは、そんな感じだったけど、そんな時代は、とっくに終わった。 今は、してもらいたい事も、自分らがしなきゃいけない事も、山積みだよ。 一票の意味が濃いな。

110232018ohisama

|

2018年10月 3日 (水)

11032018arkuku10

aruku10月号が、配布となっておりますね。 これを読むと、運動しなきゃと思いますよ、ええ。 今回の表紙は、デザイナーから、一周囲む絵はどうか? といった提案があり、やっちゃいました。 どーなんですか。 ぁぁぁ、そうですか。 わかりました。 「どーですか歌謡曲」というラジオ番組ありますけども。

11032018aruku2    

|

2018年9月29日 (土)

19292018kaze1

夕5時半。 まーだ台風の荒々しさは無い。 今度の台風には、色々やられちゃいそうな気がして、入念に家のまわりの物を縛って固定したり。  にしても、開成山公園の脇を通って来たけど、イベントの大テントがいっぱい張ってあったよ。 こないだの台風の、屋根が剥がれちゃったり、トラックが橋の上で横転したり、凄かったからなぁ、大丈夫かいな。 

19292018kaze2

|

2018年9月28日 (金)

19282018ohananohart

矢吹町役場の正面玄関を入るとすぐ左側に、このような物体が、デーんと。 手前、イチクミが手づくりしました、めでたきパーテーション。 どなたでも前に立ってポーズと顔を決めて写真を撮ってOKなのですが、当初は、婚姻届を提出に来たカップルを想定してコサえました。 もちろん、離婚届を出す時も、OKっ! お花の中心の黄色い部分は、モコモコの、じゅうたんを丸く切って貼ってあります。 つまんでムシってはいけませんよ。  ぁぁ、そだな、考えたら、これも要らなくなったものを、別の物に作り替えて使う、UPサイクルだな。 これから、どんどん出て来るでありましょう、アップサイクル。 名前かちっとなぁ、、アップサイクルて。

|

でるから

19282018derukara

|

2018年9月21日 (金)

よーく降る。 aruku10月号のイラストが、鋭意進行中。 秋っぽげな、イエローとオレンジな。 秋は、一年に描く量の、半分をしめると思われるので、ちゃんと寝て食べないといけない季節。 あ、ちゃんと飲んで。 

|

2018年9月17日 (月)

おー、今週末から、また連休だ。 うし!いっぱい働ける!とか思っちゃうんだよなー、、性分だなコレ、駄目駄目だ。 まぁぁぁ治らねだろなぁ、この年までこうなんだから。 とっても、つまんね奴だこと。 でもしゃーない、そういうホシの下に生まれたと思うことにするか。 そん中で、もっともっと広げてゆこ。 

|

«